お通夜へ行った場合、亡くなられた側の遺族や親類は、

お葬式の設置などで忙しくしてある。
またお通夜もお葬式も、亡くなられた直ちに執り行われる儀式だ。

そのため遺族や親せきは、かなしいという気分がありながらも、その心中を抑え込んである。
長居をしたりせずに、お悔やみを伝えたら早いうちに帰るようにしましょう。

お通夜の後には、通夜姿勢があります。
通夜姿勢というのは、お通夜に来ていただいたお客様に関して、
お酒や夕食をふるまうことです。
これは遺族や親せきからの、お通夜に参入していただいたお客様にたいしての、御礼の気持ちです。

もしも通夜姿勢に招かれることがあれば、極力出席するようにしましょう。
そうして親せきや遺族、また親しかった知り合いや友人のあなたって、亡くなられたお客様の記念チャットなどをください。

やはり背景が悪くても、通夜姿勢は断らないのが行儀だ。
ほんの少しでもいいので、夕食に手をつけましょう。お葬式の費用を抑えたいならこちら

おんなじキリスト教範疇のお葬式であっても、

カトリックのお葬式といったプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

当然おんなじキリスト教種類のお葬式ですから、通じるパーツも多いです。
少数異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられたお客様の遺族や親戚、近親ヒト、そうしたら参列ヒトが入場し着席するといった、
お葬式が始まります。

それでは、前奏が始まり、お祝い歌をみなで斉唱行なう。
続いて聖典を朗読し、祈祷行なう。
祈祷をしたら、またここでお祝い歌を歌います。

そうして牧師さんが亡くなられたお客様の、記録をします。
その人のお年や育ち、そしてどんなことをした第三者なのか、略歴を紹介します。

そしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうしてもう一度お祝い歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれる歌唱だ。
前奏に対して、後奏が行われます。

最後に遺族のリーダーヒトとなる第三者が、挨拶をして、
みなで亡くなられたお客様に献花をし、お葬式は完遂だ。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら