おんなじキリスト教範疇のお葬式であっても、

カトリックのお葬式といったプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

当然おんなじキリスト教種類のお葬式ですから、通じるパーツも多いです。
少数異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられたお客様の遺族や親戚、近親ヒト、そうしたら参列ヒトが入場し着席するといった、
お葬式が始まります。

それでは、前奏が始まり、お祝い歌をみなで斉唱行なう。
続いて聖典を朗読し、祈祷行なう。
祈祷をしたら、またここでお祝い歌を歌います。

そうして牧師さんが亡くなられたお客様の、記録をします。
その人のお年や育ち、そしてどんなことをした第三者なのか、略歴を紹介します。

そしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうしてもう一度お祝い歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれる歌唱だ。
前奏に対して、後奏が行われます。

最後に遺族のリーダーヒトとなる第三者が、挨拶をして、
みなで亡くなられたお客様に献花をし、お葬式は完遂だ。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら